クンニの流れとやり方

クンニとは女性器を男性が口で愛撫することをいいます。
女性は恥ずかしがったり、汚い部分だからと拒むことがあります。
ですが、一度舐め始めればその気持ちよさに身悶えし、クセになるはずです。
そこで恥ずかしさや躊躇を感じさせないよう、手マンから一気に畳みかけるようにしてあげるとスムーズです。
女性のパンティーに手を入れ、手マンをはじめ優しく撫でていきます。
クリトリスを唾液や女性器からあふれ出てくる愛液で濡らした指で刺激し、女性が喘ぎ声を上げて十分に気持ちよくなった段階で、舐められる態勢を整えて舌先を女性器に押し付けます。
最初から舐めさせてと入ると抵抗されてしまいますが、手マンで十分に気持ちがよくなった女性はもっと気持ちよくなりたいという衝動に駆られています。
ですから、言葉では「ダメ。」
とか「恥ずかしい。」
と言いながらも受け入れてくれるのです。
まずは舌先をゆっくりと動かしながら、優しく舐めていきます。
時に焦らしつつ行うのが効果的で、初めからクリストスを舐めるのではなく、大陰唇や小陰唇などのクリストスから遠い場所から舐めていきましょう。
愛液が溢れてきたら厭らしく音を立てて吸ってあげます。
また、口が乾燥しないことも大切なので、唾液や愛液を上手く使いながらネットリとしゃぶってください。
じっくりと焦らしたら徐々にクリトリスに近づいていきます。
最初は優しくクリストスを舐め、次第に舌先の動きを早くしていきます。
舌先を左右に動かしながら、クリトリスをビンタするような動きにすると気持ちよさがアップします。
舌先でクリトリスを弾いたり、舌先をすぼめて膣内に入れたり出したり吸ったりなど、動きに変化を付けていくと上手くいきます。
女性は喘ぎ声を上げ、身をくねらせながら感じていきますが、クンニだけでイカせるのは基本的に難しいですが、クンニのやり方次第ではいい感じにすることは可能です。
ある程度いい感じになり十分過ぎるほど濡れてきたら、あとは手マンや挿入でイカせてあげてください。